2019_E2
35/36

厳かに想い出がよみがえるゆるやかに気品たつ香り。この香りが心の癒しを生み出します。古くからお供え物として香が焚かれてきました。それは、お線香は香食(こうじき)ともよばれ、仏様やご先祖様にとっては一番のご馳走になると言われており、最適なお供えです。それだけにお線香選びは大切にしたいものです。このお線香も、現代の暮らしに合った新しいものがそろっています。煙の少ない微煙機能を持つものや消臭機能を持つものなど、実に多彩。その日の雰囲気や気分によっても使い分けられるほど充実したラインナップです。お線香を供える意味、焚く意味表書き例正式な持参(お供え)の作法仏様(御本尊様・亡くなられた方)の食べものは香(線香・焼香等)です。そのためお供えをし、焚くことで、仏様にお食事を召し上がっていただくことになります。水引をかけた進物の線香を折敷(おしき)や広蓋(ひろぶた)に帛紗(ふくさ)をかけて持参し先様に差し出します。現代では紫の風呂敷に包んで持参し、畳んだ風呂敷に乗せて差し出します。※おしき :主に桧で作られた三方の台のないもの。※ひろぶた:方形の塗盆のようなもの。※ふくさ :家紋入りの使用が多い。※先様の宗旨・亡くなられた日に関係なく、仏事・献香として御仏前へのすべてに 使用できるため、「御供」を使うことが増えています。※地域によっては「□□御供」を「□□見舞い」と書くところがあります。 (亡くなられた方の家を訪問するときに、お見舞いとしてお線香を持って行く習慣 もあります。)御供すべての仏事で仏前にお供えするときに記します。御霊前葬儀および四十九日(三十五日)の法要前日までの間、記します。但し、真宗系等は使用しません。御仏前四十九日以降すべての仏事で記します。亡くなられた方が霊から仏になられたということで使用します。初盆御供(はつぼんおそなえ)新盆御供(にいぼんおそなえ)初盆〈四十九日(三十五日)を過ぎて最初のお盆〉を迎えるお宅にお届けする時に記します。盆供(ぼんく)年次を問わずお盆のお供えや、お盆法要の際に記します。お申込番号E2-34010花琳 渡月二種香¥1,000(税抜)C◦セット内容/お線香(花琳・渡月)(全長13.5cm・約30g)×各1、ローソク(マレーシア)(φ8×58mm・20本)×2 ◦箱サイズ/33.3×15×3cm 173…N半紙 入数/40 K156-M4800お申込番号E2-34027花かおり 香合わせギフト4入¥2,300(税抜)C◦セット内容/お線香(ラベンダー・ローズ・すずらん・緑茶)(各全長13.5cm・20g)×各1 ◦箱サイズ/19.3×25.5×3.7cm 5062…NA4 入数/20 K156-M4800お申込番号E2-34034花琳 桐箱短寸8入¥3,000(税抜)C◦セット内容/お線香(花琳)(全長13.5cm・約20g)×8 ◦箱サイズ/32.5×16×4.5cm 026…N半紙 入数/22 K156-M4800お申込番号E2-34041特撰花琳 桐塗箱 紐付短寸10入¥5,000(税抜)C◦セット内容/お線香(全長13.5cm・約20g)×10 ◦箱サイズ/33.5×16×4.5cm 032…NA4 入数/22 K156-M4800¥1,000前後¥1,500前後¥2,000前後¥2,500前後¥3,000〜4,000前後¥5,000前後ギフトカタログ・お線香¥1,000お線香34※表示価格は税抜きです。ご購入時点の税率が別途加算されます。

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る