2019_C9
7/304

光沢をたたえる漆に息づく、実直な職人技。 漆器の産地として知られる石川県山中で、職人が金沢の金箔と青箔を丹精込めて一枚一枚丁寧に貼って作り上げています。青箔と黄金がうみだす華麗な蒔絵は、日本独自の伝統の技法です。漆で絵や文様などを描き、それが乾かないうちに金箔などを「蒔く」ことで器面に定着させる技法が蒔絵です。乾燥させては塗り重ねる作業を何度も繰り返して仕上げます。金沢金箔は、今から約400年程前、金の地金を製箔したことに始まり、その芸術ともいえる技法は今に受け継がれています。C9006-518お申込番号金沢金箔金箔工芸 みやび野 年金手帳入¥3,500 (税抜)日本製●サイズ/16×21×4.5cm ●材質/ABS樹脂 ●箱サイズ/22.5×16.5×5cm ●日本 TSKN-35…@B5 入数/24 K205-M4600-DC9006-525お申込番号金沢金箔金箔工芸 みやび野 A4加伏文庫¥5,000 (税抜)日本製●サイズ/25×34.5×8cm ●材質/ユリア樹脂 ●箱サイズ/36×26.5×9cm ●日本 TSKB-50…@中杉 入数/20 K205-M4600-DC9006-539お申込番号金沢金箔(日展作家 塚田外志男 作)金銀箔工芸 華かすみ 写真立¥3,500 (税抜)日本製●サイズ/16.2×33.5cm ●材質/ABS樹脂 ●箱サイズ/17.5×17.5×4cm ●日本 ★(82.5×117mm)1枚用★卓上用TSMS-35…@豆8 入数/24 K205-M4600-D*表示価格は税抜きです。ご購入時点での税率が別途加算されます。6

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る