2019_C9
298/304

新米ママもこれで安心!はじめての「内祝い」ナビゲーション新米ママもこれで安心!上手な内祝いギフトの選び方金額の決め方贈って喜ばれる内祝いにするための第一歩は、正しい金額の決め方にあるといっても過言ではありません。基本は、いただいたお祝いの半額と考えましょう。ただし、目上の方からいただいた場合や高額の場合は、三分の一程度でも大丈夫です。また、値段が分かりにくい花束やお手製のお菓子など、気軽なお祝いへのお返しの予算の決め方に悩む声は多いようです。こうした場合は、1000円~2000円程度の品をお返しすることを心掛けましょう。金額の低い品物でも、心を込めて選べば、気持ちが伝わりきっと喜んでいただけるはずです。感謝の気持ちとともに贈ることが大切です。上手なお品選びとは内祝いを贈る相手の家族構成や好みを、あらかじめリサーチしておくことが大切です。和食がお好き、甘いものがお好き、旅行がご趣味など、少しでも相手のことを知っておくだけでも、品選びがしやすくなります。一人ひとりのお顔を思い浮かべながらセレクトしてみてください。内祝いの定番とはタオルや寝具などの日用品、石けん・洗剤などの消耗品、スイーツなどの食品類などは、どなたにも喜んでいただける定番ギフトとされています。小さなお子様がいらっしゃるご家庭には、キャラクターグッズも喜ばれる定番です。また、最近特に人気が高いのは、「名入れギフト」。スイーツや紅茶など、広く好まれる食品類に赤ちゃんの名前を添えたギフトは、お披露目にふさわしい可愛らしさとオリジナリティが魅力です。内祝いのタブーについて仏事に用いられる「緑茶」は、慶事にはふさわしくないとされた場合もあったようですが、地方によっては“植え替えがきかない木”として“良縁の象徴”とされ内祝いに用いられていることもあるようです。また、縁を断ち切るので縁起が悪いと避けられることもあった「刃物」も、地方によると“未来を切り開く象徴”として祝い事に重宝されることもあるようです。差し上げる方に喜んでいただいてこそ意味がありますので、遠方の親戚などに内祝いを贈る際は、前もって調べておくと安心でしょう。297

元のページ  ../index.html#298

このブックを見る