2017_C7001
14/304

にっぽん、再発見東京都いつまでも無心に眺めていられる美しさ。大正浪漫ガラスは、明治大正時代に盛んに使われた日本独特の成型方法で作った乳白色のガラス器。ガラスの中に特殊な原料を入れ急激な温度差を与えることによって乳白色に発色させる、熟練した職人と精密な紋様の金型により生まれる特別な工芸商品です。江戸硝子は、江戸時代から培われた世界に誇る生産技術によって、東京で一つ一つ丁寧に作り出される器。特別な贈り物に最適な専用桐箱入りです。お申込番号市松C7013-510お申込番号十草C7013-527廣田硝子 〈花蕾〉大正浪漫¥5,000 (税抜) 日本製●サイズ/φ8.7×9.5cm ●材質/ソーダガラス ●箱サイズ/10.3×11.5×10.3cm ●日本 KARA-4/3…@豆6 入数/24 K513-M4800-Cお申込番号赤C7013-534お申込番号紫C7013-548廣田硝子 〈江戸硝子〉被せ¥5,000 (税抜) 日本製●サイズ/φ8.7×9.5cm ●材質/ソーダガラス ●箱サイズ/10.3×11.5×10.3cm ●日本 KARA-1/2…@豆6 入数/24 K513-M4800-C市松十草※こちらのページの商品は職人による手作りのため、発送まで日数をいただく場合がございます。予めご了承ください。赤紫*表示価格は税抜きです。ご購入時点での税率が別途加算されます。13

元のページ 

page 14

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です